スマホより、手帳。

誰かに癒してもらうのではなく、自分で自分を癒すことができるようになれば人生は最強のものになります。自分の生き方と言うのは自分が1番知っています。よもぎを使ってあなたの人生が何か変わったとしたら、それはよもぎの効果ではなく、あなた自身の力が発揮された結果に過ぎません。日常的に、自分の可能性を高めるような自分の習慣を取り入れてください。

毎日、ネットニュースで感染者数がどうなったかと報じられています。
では、あなた自身は前日のご自身と比べてどうなりましたか?

当然のことですが、今日の自分は前日、前月、去年、10年前に自分で設定した自分の結果となっています。

私は、昨日は休養させていただきましたので、今日は早く起きて家事を始め、乱雑な部屋の物の片付けをして、頭がすっきりの状態で仕事をしようと思っています。
昨日のうちから早く起きて動くんだと決めた結果、早く起きています。

5月ごろに苗を植えた畑から、いまトマトやきゅうりを採っています。

スマホニュースで感染者数の増減に一喜一憂したり、
SNSで他人のリア充が目について自分の情緒が安定しなくなるならば、
よりよい時間の使い方があります。
スマホを見る時間よりも、自分の予定を書いた、自分の字で書いた手帳を見る時間を長くすると、より自分の集中できるのでおすすめです。

1時間後、数時間後明日、1ヶ月、1年先の自分のために今日を有効に使ってください。

予定の書き方は、時間の予定に合わせて、自分の小さな願望を取り入れてい来ます。例えば、
今から1時間後にきちんと整った状態の部屋で、コーヒーを飲む。
明日は化粧ノリがよい自分で外出したいから、前日は早く眠る。
これくらいの小さな願望から自分で叶えるようにしていきます。

これが習慣化すると、転職や結婚など人生の転機とも言える大きな願望を、自分で叶えられるようになっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です